海外ETFは担保価値ゼロ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 人気ブログランキングへ

海外マーケットIndexを対象としたETFが国内でも上場するようになった今となっては、海外ETFは信託報酬はともかく、為替手数料や売買手数料のことを考えるとかなり使い勝手が悪いものになってしまった感がある。

さらに、外国株式(ETF)は信用取引における代用有価証券として扱われないのも、使い勝手を非常に悪いものにしている。別に目一杯張ってる訳じゃないから個人的には問題ないのだが、実質資産価値があるものが担保として扱われないのはもったいない。

100万円の現金資金はそのまま100万円分の担保として扱われるが、海外ETFに変えてしまった途端に担保価値は0になる。

信用やらない人にとっては、どうでもいいことかもしれない。
まぁ、自分も信用やるのは今回だけだろう。コストが高すぎる。
博打だから面白いけど。

広告

juntarooo55 について

投資歴13年。
カテゴリー: VWO-Vanguard FTSE Emerging Markets ETF タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中