VWOベンチマーク変更による韓国市場への影響

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 人気ブログランキングへ

既に色々なブログで取り上げられてますが、バンガードが各種ETFのベンチマークをMSCIからFTSEやCRSPに変更するようです。

指数連動型のETFは時々ベンチマークを変更することがあるようで、自分の保有銘柄の場合、商品型ETFである1327もいつの間にかベンチマークとするIndexが変わっていました。

VWOに関して言えば、大きな変化は韓国株式が外されることです。

★MSCI Emerging Markets Index
★FTSE Emerging Index

まぁ、韓国が新興国に分類されてる方が不自然な訳で、それはそれでいいかも知れませんが、15%程度含まれている韓国株式が外されるとなると、韓国市場にはそれなりのインパクトを与えるかも知れません。

VWOの資産規模から推測される韓国株式の保有額(=入れ替えに伴い売られるだろう額)は、8,500億円です。(うち、SAMSUNGが1/4)

どうでしょうか。

VPLなど他ETFのベンチマークも変更されるため、VWOで売られて、VPLで買われるなども考えられますが、VWOの資産規模はあまりに大きい(5.6兆円)ので、影響は無視できないハズです。

かつて日経平均銘柄の入れ替えに合わせて売り買いする「コバンザメ投資法」が一世風靡したこともありましたが。さて。

 

 

広告

juntarooo55 について

投資歴13年。
カテゴリー: VWO-Vanguard FTSE Emerging Markets ETF タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中