「期待は自己実現する」

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 人気ブログランキングへ

竹中が昨日のWBSでしきりに口にしていたキーワードに “ expectation(期待、予想) ” があります。

今(まで)の日本は、経営者の頭も消費者の頭もすべてデフレ期待に染まっており、デフレ予想の下に合理的な消費行動、投資行動、雇用活動、生産活動をおこなってきました。個々人や各企業は合理的な行動を取っているにも関わらず、日本全体としては合成の誤謬の結果、更なる物価下落や賃金下落、ひいては資産価格下落、産業競争力低下を引き起こして来たことは周知の事実です。

expectationをいかに変化させるか。この20年間で日本全国の脳に染みついてしまったデフレ期待に基づくデフレーションは、そう易々と変わらない、ちょっと前まではそう思っていました。

ところが、安倍首相のここ最近類を見ない(まだ今のところ口だけですが)剛腕っぷりは、変化をもたらすきっかけとなる可能性が出てきました。期待の変化が最近の円安と株高に反映されてきています。

また、竹中はこうも言っていました。

「期待は自己実現する」

どこか学者らしからぬ感もある言葉ですが、人間がインフレ期待、予想に基づき行動を繰り返すなら、その結果がインフレを導くのは何となく正しい気もします。デフレ期待がこの長引くデフレーションを現実化してしまったように。

私はまだインフレが現実化することにどうしても疑心暗鬼なため、昨日さっさと薄利で1306(TOPIX)を売ってしまいましたが、恐らく今の投資家の大部分が同じ心境にあると思います。なので円安が一服したり、日銀の金融緩和が不十分であったり(不十分と受け止められたり)した場合は、恐らくこの期待先行相場はいったん終了する(※)でしょう。

※もしかするとブラックスワンが現れ、デフレもインフレも関係なく何もかもブッ飛ばすかもしれませんが。。。

本当の相場が始まるのはインフレが期待だけでなく、(自己)実現し始め、賃金上昇が恒常的に見込めるような世の中になった時になると思いますが、どちらにしても、まずは人々の脳に植え付けられてしまったデフレ期待、予想を変化させることが初めの一歩であることに間違いないと思います。

そういった意味で、安倍首相の脱デフレ戦略の初めの一手は「成功」と言えるのではないでしょうか。

 

広告

juntarooo55 について

投資歴13年。
カテゴリー: uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中